秋の味覚

秋の味覚「柿」のアンチエイジング効果

秋になると見かけるオレンジ色の果物といえば、柿です。
柿は田舎の庭の木にもなっていることがあり、思わず取って食べてみたい気もしますが、それほどおいしそうに見えるものです。
春や夏にはあまり食べることができないのも、柿が季節のものであるということを表しているということです。

秋は季節の変わり目で風邪を引きやすくなります。
そんなときでも柿をしっかりと食べていると、風邪や体調を崩すことはないはずです。
そうした柿の健康や美容にもいいとされる理由がいくつかあります。

さらにアンチエイジングにも効くということであれば、食べるだけで健康になれるはずです。
柿の栄養素にはいくつかありますが、代表的なものはビタミンCです。ビタミンCもアンチエイジングに効果的です。
ビタミンCは、みかんよりも多く含まれていて、肌のハリや潤いをもたらしてくれます。

美白にも効果があって免疫力をも高めてくれます。
そして、柿に含まれるポリフェノールも大事な栄養素です。
ポリフェノールは抗酸化作用のある成分としてよく知られています。

抗酸化作用で活性酸素を撃退し老化の進行を防ぐ働きがあります。
ポリフェノールをたくさん含む食品というと赤ワインがあります。
赤ワインにはぶどうが入っていますが、柿はぶどうの5倍のポリフェノールを含んでいます。

これも隠れた柿のアンチエイジング効果だといえます。
さらにカリウムを含んでいます。
カリウムは水分の代謝を促進し、利尿作用が主な働きです。

体の部分にむくみがあったり、セルライトが気になっている人は、柿を食べるとカリウムの成分の働きで自然に体のむくみがなくなっていきます。
他にも健康にもいい栄養成分がたくさん入っています。
秋の季節には必ず柿を食べて、来るべき冬に備えるようにしましょう。
柿が春や夏の食べ物ではなく、秋の食べ物だということも人間にとってはとても好都合な果物だということです。
自然の恵みに感謝して、柿をよく見かけるようになったら、そろそろ冬の準備をしましょう。

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない成分 All Rights Reserved.