秋の味覚

ゴマに隠されたアンチエイジングパワー

小さくて黒い粒ゴマにはとても素晴らしい力があります。
ゴマが食材として使われている理由には、その豊富な栄養素によるものです。
さらにアンチエイジングに関するパワーもとてもすごいものがあります。

ゴマを食べている人は芸能人にもいます。
毎日ゴマを食べることで、若々しい肌を維持することができますし、何よりも体調もよく疲れも溜まらなくなったということで、芸能人や食通の人にも大変人気があるものです。
しかし、ゴマの味というととてもおいしいというものではないと思います。

ゴマはアフリカから日本に伝わってきたものですが、すっかり日本の食卓でもおなじみのものになっています。
ゴマに含まれる成分にはセサミンが有名ですが、ゴマグリナンと呼ばれる抗酸化物質もアンチエイジングに有効な成分として知られています。
同時にダイエットにも効果があるものとして知られていますので、ゴマを食べるだけでダイエットプラスアンチエイジングが実現するというパフォーマンスに溢れた食材なのです。

体の中には活性酸素が存在し、歳を取ったり、疲れやすくなったりするとさらに増加することがあります。
活性酸素は体の老化を早めるものです。
そのためゴマのような抗酸化作用のある食材を食べて、活性酸素を減らす必要があります。

ゴマグリナンの力は、肝臓にまでその抗酸化作用が働く唯一の物質であるということです。
肝臓が弱ると肝臓のいろいろな機能も衰えてしまいますが、ゴマを食べると肝臓に存在する活性酸素を撃退します。
肝臓の機能が正常に戻れば、脂肪も燃焼し肥満が解消されます。

さらに新陳代謝もよくなって、肌の調子もよくなるということです。
疲れやすい人にもゴマを食べれば、疲れが取れるということになります。
ゴマに隠されたアンチエイジングパワーは優れたものです。
ゴマの小さい粒からは想像できないものですが、毎日ゴマを食べることでこうしたアンチエイジングパワーを確実に実感することができます。

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない成分 All Rights Reserved.