秋の味覚

アンチエイジングに肝臓ケア?!

肝臓とアンチエイジングには意外な関係があります。
肝臓というとどんな働きがあるのでしょうか?肝臓は血液中の老廃物を取り除く作用があります。
そして、身体に必要となるたんぱく質を合成します。

そのたんぱく質を血液に流して、代謝をサポートするものです。
こうした肝臓の働きは、とても重要です。
もし肝臓の機能が低下すれば、どうなるのでしょうか?アンチエイジングの観点からすると、肌が老化し、シミやシワが増えてしまうことがあります。

そして、若い人でも肌荒れを起こすなど、まさか肝臓が弱っているということに気づかないという人も多いようです。
肝臓の機能が低下すると、血液中の老廃物が増えてしまいます。
これは肌にとってもよくないことです。

肌のシミの原因となっているメラニン色素がたくさん発生することにより、肌荒れやシミができやすくなっているのです。
こうした状態で健康食品を食べてみたり、高級化粧品を使ってシミを消そうとしても全く効果がないことがあります。
実は、肝臓が原因だったという意外なことがわかってショックを受ける人も多いようです。

肝臓の機能をもとの正常な状態に戻すためには、肝臓にいい食材を食べるようにしてください。
これも何も高級なものを食べる必要はありません。
日々の生活の中でよく食べるもので大丈夫です。

肝臓にいいとされる食品は、ウコンやしじみになります。
ウコンは栄養ドリンクでも有名ですが、クルクミンと呼ばれる成分が胆汁を分泌し肝機能を強くします。
そして、しじみはというと、オルニチンが含まれていてこのオルニチンの働きにより肝機能をより向上させるということになります。

オルニチンの働きは、尿素回路でアンモニアを代謝します。
そして、アンモニアを尿素に変えて排出します。
アンモニアは身体の中では有害な物質ですので、オルニチンの働きは大変重要なものだといえます。

しじみに含まれるタウリンも健康飲料によく含まれているもので、肝機能を強化します。
しじみとウコン。
どちらも隠れた健康にいい食品です。
肝臓を強化してアンチエイジング生活を目指すようにしてください。

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない成分 All Rights Reserved.