秋の味覚

身体の中から働くアンチエイジングケア

若いうちからアンチエイジングについて考えてみるようにしましょう。
アンチエイジングについて意識している人とそうでない人とでは、その違いが歳を取ってきた後によくわかるようになります。
若いうちは自分が歳を取るなんて思ったこともなかったのですが、実際には同じ年齢でも若く見える人とそうでない人に分かれるようです。

こうした差は、偶然ではなくどれだけアンチエイジング効果のあることを実践してきたかによります。
それは外面だけではありません。
身体の内面からしっかりとアンチエイジングに効果のあることを実践してきたからに他なりません。

できれば、20代から意識し始めたほうがいいわけですが、さすがに30代になると女性なら老化との戦いが始まっています。
身体の中から働くという意味では、新鮮な果物や野菜を食べて、より若々しくて健康な身体を取り戻すこともできます。
体内では活性酸素が存在しています。

活性酸素は通常はいい働きをしていますが、体が疲れていたり、ストレスを溜めているような場合、増えすぎてしまい、細胞や血管を傷つけてしまい老化が始まってしまいます。
そうした活性酸素を取り除く酵素が存在します。
例えば、ビタミンAやβカロテンです。

ビタミンAはレバーや乳製品に含まれ、βカロテンはにんじんやピーマンに含まれています。
さらにビタミンEは、ゴマや豆類、緑黄色野菜に含まれ過酸化脂質の発生を抑えます。
ビタミンCは酸化したビタミンEを復活させるものです。

ビタミンCは果物やサツマイモ、緑黄色野菜に含まれています。
抗酸化作用のある栄養素は、老化を防ぎます。
こうした食材は毎日の食卓に並んでいることと思いますが、好き嫌いをすることなく、何でも食べるようにすれば、自然と身体の中に摂り入れることができます。
これはとても簡単なことです。
このようにして、アンチエイジングに効果のあるものを食べ、健康に気をつけることで、楽しく健康的に毎日を過ごしましょう。

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない成分 All Rights Reserved.