秋の味覚

ローズヒップオイルでアンチエイジング

オイルを使った美容法で注目されているのが、ローズヒップオイルと呼ばれるものです。
ローズヒップオイルは、肌にとって有効な栄養分がたっぷりと入っています。
そして、ビタミンも豊富に含まれているので、ビタミンによる美白効果も大変高くなっています。

ローズヒップオイルはもともと美容目的で利用されているもので、肌のトラブルの改善が主な目的になっていますが、EFAと呼ばれる必須脂肪酸オイルがアンチエイジング効果の高いα-リノレン酸を多く含んでいることから、アンチエイジングに効く美容オイルとして人気が高くなっています。
さらにビタミンも多く含まれていることから化粧品にも応用されています。
ローズヒップは、バラの種子から抽出されるもので、通常のローズオイルとは違っています。

ビタミン以外に含まれる栄養素は、リコピンやβカロチンやカルシウムなどで、普段食事をしている中でどうしても足りなくなるようなものがたくさん含まれています。
ローズヒップオイルは、化粧品として使われているだけではなく、お茶としてローズヒップティーを飲むことができます。
栄養補給に最適で、妊娠中の女性にもその効果があるとされています。

ローズヒップオイルは、どんな肌にも利用できる万能のオイルになっています。
肌を保湿する効果や栄養補給だけでなく、肌を柔らかくしてハリを持たせ、毛穴の開きもしっかりとなくすような効果があります。
肝心のアンチエイジング効果では、シミを改善したり、ある程度年齢を伴ったダメージのある肌にもオススメの美容オイルになります。

また、使用する際にはマッサージも行うといいでしょう。
マッサージは肌だけではなく、指先も動かすことで温かくなります。
血行もよくなり、毛穴がきれいになり、お肌のキメも改善します。
ビタミンによる美白効果も十分にありますので、毎日使っていくようにしてください。
アンチエイジングを目指すならまずは使ってみたい美容オイルの一つでしょう。

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない成分 All Rights Reserved.