秋の味覚

成長ホルモンを味方につける!アンチエイジング

アンチエイジングは最近よく聞くようになった言葉ですが、若返りだとか老化を遅らせるような意味があります。
そのような意味のアンチエイジングは、今始まったことではなく、昔から歳を取りたくない、いつまでも若くありたいという気持ちを持っている人はたくさんいたようです。
そんなアンチエイジングを少し医学的に考えてみましょう。

アンチエイジングを考えるときに覚えておきたいことは、成長ホルモンの働きです。
成長ホルモンというと40代50代の人には関係ないような気もします。
ただ、成長ホルモンは、15歳から20歳のころ一番分泌されているもので、歳を取るとともに次第に減少していきます。

成長ホルモンが少なくなると疲れやすい体になったり、皮膚にもハリがなくなりシワやシミが増えていきます。
新陳代謝が少なくなり老化現象が始まっていきます。
40歳で分泌される成長ホルモンは、20歳時のころに比べると約40%にまで下がっています。

これ以降はもっと少なくなりますが、つまりは成長ホルモンが老化の原因になっているということです。
成長ホルモンは、身長を伸ばして骨や筋肉を作ることの他、老化を防ぎ代謝を促進する効果があります。
筋肉が増えると基礎代謝がも上昇し太りにくい体になります。

ダイエットも自然にできるようになります。
骨粗鬆症も予防し強い体を作り出します。
美容についてもハリのあるみずみずしい肌を維持することができます。

ヒアルロン酸が保湿力を保ち、コラーゲンも美肌に効きます。
こうした美容美肌によいとされる成分を、成長ホルモンは修復して、肌の機能を正常に戻す働きがあるとされています。
成長ホルモンをより分泌しやすくすれば、アンチエイジング効果が期待できるというわけです。
成長ホルモンの分泌を促すには、睡眠をたっぷり取り、適度に運動し、大豆や鶏肉、ゴマなどの食べ物を積極的に食べるようにしてください。
とても簡単だと思いますが、たったそれだけでアンチエイジング効果もアップします。

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない成分 All Rights Reserved.