秋の味覚

アンチエイジングと睡眠の関係

よく寝ることは大切なことです。
若い頃は眠くなるといつもそのまま寝ていた人も多いかもしれません。
しかし、社会人になると仕事やお付き合いで忙しくなることがあり、睡眠不足のまま仕事をしていることがあります。

また、夜更かしをしてしまい、次の日の午前中は眠ったような感じで過ごすこともあるでしょう。
休日は一日寝て過ごすという人も要注意です。
土日が休みだという週休二日制が基本にはなっていますが、丸一日ごろごろと過ごすような人は、あまりいい生活を送っているとはいえず、睡眠も不規則だということになります。

アンチエイジングと睡眠とは密接な関係があります。
寝ているだけで、体力も回復し同時にアンチエイジングでキレイにもなります。
十分な睡眠がお肌にいいということもすでにわかっていることです。

睡眠時には成長ホルモンが分泌されます。
成長ホルモンは、筋肉を作り、身長を伸ばすような働きがあります。
もう少し細かい話をすると、細胞の分裂を促すようなホルモンともいえます。

こうした成長ホルモンは、10代の若い頃にはピークを迎えていますが、その後歳を重ねるごとに分泌量も少なくなっていきます。
そして、40代や50代になると全盛期の4割以下になってしまいまう。
こうした成長ホルモンは貴重なものです。

そのため、意識して成長ホルモンを分泌させる必要があります。
成長ホルモンの分泌を促すには、運動や睡眠のことをよく考えるようにしてください。
特に睡眠は重要です。

成長ホルモンが分泌される時間帯は、夜の10時から午前2時ぐらいだとされています。
とても短い時間帯ですが、この時間を活用し、しっかりと熟睡した睡眠を取るようにすれば、成長ホルモンが最大限に分泌されることがわかっています。
ポイントとなることは、早めに寝ることはもちろんですが、熟睡していることが重要です。

いつも寝付きが悪い人は、少し注意しましょう。
早めに寝るためには、早めに毎日の仕事を終わらせたり、適度な運動を行い疲れを感じて寝ることでしょう。
質のよい睡眠がアンチエイジングには大変有効だということです。

Copyright(C) 2013 美容に欠かせない成分 All Rights Reserved.