テレビ

中村八千代(フィリピン)経歴まとめ!貧困層の青少年を救うビジネスとは?

フィリピンの最貧困層の青少年を救いたい。

そんな活動をされている日本人女性が話題になっています。

「中村八千代」さん。

彼女は現在NPO法人ユニカセの代表として活動していますが、その経歴はとても大変だったようです。

いったいどんな方なのか?

経歴をまとめました。さっそく見て行きましょう!

中村八千代さんの経歴まとめ

中村八千代さんの経歴をまとめました!

出典:https://www.uniquease.net/npo/

  • 1969年生まれ。出身地は東京都
  • 明治大学商学部を卒業後にカナダへ留学。
  • 帰国後に父親が経営する会社がバブル崩壊を受けて一部倒産。4億円の借金の連帯保証人になっていた事が発覚する。
  • そのまま継いだ一般酒販店を経営を黒字転換へ導き、約10年で4億円の借金を返済
  • 30歳の時にたまたま児童福祉施設でボランティアをする機会があり、それをきっかけとして国際協力に興味が湧く
  • 2006年40歳の時にNGO「国境なき子どもたち」の派遣員となりフィリピンに赴任する
  • 2010年にフィリピン・マニラで貧困の連鎖という社会問題を解決するためのソーシャルビジネス「UNIQUEASE Corporation(ユニカセ・コーポレーション)」を設立。
  • 2013年に青少年育成をより実践的にするため特定非営利活動法人(NPO)「ユニカセ・ジャパン」の設立。

中村八千代さんのお父さんは会社経営をされていました。当時の日本はバブル経済真っ只中という事で、大学卒業後に留学されていたという事で、中村八千代さんは裕福な家庭環境ではあったと思われます。

しかしバブル崩壊と共にお父さんの会社が一部倒産すると、中村八千代さんが連帯保証人になっていたという衝撃の事実が判明したそうです!その額なんと4億!

あなただったらいきなり4億もの借金を背負わされたらどうでしょうか?普通の方なら平常心ではいられないでしょう。

現に中村八千代さんも何度死んでしまおうかと思った事もあったそうです。

しかし、一般酒販店を黒字転換へ導いた中村八千代さんはなんと10年で4億円もの借金を返済してしまいました。

なんて強い女性でしょうか。事業というお父さんの土台があったのも大きかったかもしれません。普通の方では会社の立上げや経営はなかなかできない事ですから。

その後はボランティアをきっかけに国際協力に目覚めました。

「国境なき医師団」は聞いた事がありましたが「国境なき子どもたち」というのもあるんですね。

フィリピンへの派遣をきっかけにフィリピンの貧しい青少年の雇用・自立・社会復帰を目標に活動されています。

また、日本の学生や社会企業家を目指す若者へ研修や公演なども実施しています。

貧困層の青少年を救うビジネス

そんな中村八千代さんが目指す貧困層の社会復帰の一貫として行われているのがソーシャルビジネス「ユニカセ・レストラン」です。

ユニカセレストランは健康志向な自然食を使った「マイクロバイオティック料理」が中心のお店です。

このお店では青少年の自立を促すために、店に関わるマネジメントや調理・接客もすべて現地スタッフに任せていたそうです。

商品開発や原価計算など難しい事もスタッフが管理。給料は固定給だったそうですが、開発した商品の売り上げは個人のボーナスに回す事でスタッフの就労意欲を高める工夫をしています。

こうして一人一人が貧困層から抜け出すモデルケースとなり、ロールモデルとなっていく事を中村八千代さんは望んでいます。

 

話題の人もまとめています↓是非みてくださいね!

あわせて読む
中村八千代(ユニカセレストラン)現在は?プロフィールや大学を調査!
話題の人
小浜桃奈(今くら)EMMARY5代目編集長のプロフおさらい!
話題の人
金尾祐之のプロフィールや大学は?婦人科腫瘍の専門家で最後の砦!

中村八千代(フィリピン)経歴まとめ!貧困層の青少年を救うビジネスとは?まとめ

中村八千代さんは貧困層の青少年を救う活動をされていますが、御本人自身も多額の借金を背負い大変な思いをされてきた方でした。

今後も貧困層の青少年や社会起業家の育成のためにさらなる活躍が期待されています。

-テレビ