テレビ

スッキリやeveryで話題の冷凍機(凍眠)がすごい!価格や家庭用は?

こんにちはKEです。

今回紹介するのは朝の情報番組「スッキリ」で紹介されて話題の急速冷凍機「凍眠」の紹介です。

年間を通して、そして夏のこの季節は特に冷凍庫はとにかく重宝しますよね。ちょっとした余りもの、まとめ買いして保存しておきたい物。一般家庭では冷凍庫が大活躍!

その冷凍技術が今すごいことになっているんです!

スッキリで紹介された「凍眠」いったいどんな商品なのでしょうか?家庭用とかあるのかな?値段はいくらなんだろうそんな疑問を調べてみました。

さっそく見て行きましょう!

追記:10/5 ニュースeveryでも紹介されました

 

他にも話題の人たちを紹介しています。是非見てね↓

さつまいも料理研究家・美容家の鈴木絢子さん

https://www.life-tenkimi.jp/suzukiayako-satumaimo-seikei/

https://www.life-tenkimi.jp/suzuki-imokenpi-byouka/

急速冷凍機「凍眠」を作っている会社

急速冷凍機「凍眠」を作っているのは株式会社テクニカンという会社です。

会社概要を少し紹介します。

  • 会社名:株式会社テクニカン
  • 代表者名:山田義男(やまだよしお)
  • 創業:1988年4月
  • 所在地:神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎南
  • 前期年商:3億2千万円
  • 従業員数:15名
  • 業種:機械(食に関する機械で主に冷凍機や野菜水切り機など幅広い)

15名と従業員数は多くありませんが、その技術は素晴らしく世界に誇れる日本の技術を全面にだした食品機械製造会社です。

日本のものづくりの精神を大事にし、独自製品の開発を行っています。

政治家さん!やっぱり日本の技術は2番じゃダメなんですよ!日本人のモノづくり精神が世界に誇るより良い製品を生み出していくんです!

凍眠ってどんな商品?

テクニカンの「凍眠」は何が凄いのか!

歴史を紐解くと実は約40年前には「冷凍」の初号機は開発されていたようです。当時、外食産業は急激に伸び始めた時代で、大量の食品を冷凍する必要性が求められ、その方法を生み出すことが急務だった。

その当時、冷凍にかかる時間というのは約24時間ほどかかっていたといいます。それをなんと10~20分まで縮めるという驚異的な製品が「凍眠」初号機。

そんな昔からあったとは、、。

一般的な冷凍方法(冷凍庫)というのは冷たい空気を商品に当て続けて凍らせます。

しかしこの「凍眠」は液体凍結。商品をパック後ー30℃のアルコールにつけることで急速冷凍するというもの。

代表の山田さんが気温は一緒でも水中だと冷たく感じたというダイビングの経験からヒントを得、開発にいたったという。

期待よりも液体の方が熱伝導率が高いというのがポイントのようです。

テクニカンさんのたとえで分かりやすいのがあるのですが、温かい方でも一緒です。暑いサウナで90℃、どうですか?暑いけど入っていられますよね?でも90℃の熱湯はどうでしょう?たちまち火傷してしまいます。

液体の熱伝導がよいという分かりやすいたとえです。

冷凍に関してもー100℃の窒素ガスよりもー30℃の液体のほうがなんと8倍も速く急速冷凍できるんです。

ではそれによるメリットはなんでしょうか?

それは圧倒的な急速冷凍により

  • まるで鮮度が落ちない(ドリップレス)
  • 急速冷凍後、一般冷凍庫で長期保存可能
  • ランニングコストがよい
  • 解凍方法を選ばない!

とあります。

まるで鮮度が落ちない、これは様々な食品を収穫・調理後に急速冷凍をすれば鮮度そのままでおいしいまま消費者に販売できるという事。北海道で収穫しても沖縄の人に全く同じ鮮度・味をお届けできるのはすごい技術です。

昨今のコロナ禍。外食することや旅行をして現地の特産などを食べる事は減ってしまいました。しかしこの「凍眠」の技術があれば生産者・販売者・消費者と誰もが嬉しい気持ちになれる素晴らしい製品です。

次に長期保存が可能という点。一般的な冷凍方法でも保存できると思うでしょ?劣化しない、鮮度が落ちないというこの「凍眠」は通常冷凍の数倍を長持ちするんです!結果、賞味・消費期限が圧倒的に伸びます。

SDGz、とっても話題になってますよね?食品ロスをなくせるんです。ただ期間が伸びて「わーい^^」ってだけではなくて、とっても意味のある事なんです。

ランニングコストはそのままですが、解凍方法を選ばない!常温・低温・高温・流水なんでもござれですよ!

どんな商品に使われてるの?

この「凍眠」技術どんな商品に使われているのか?

もうね、なんでもOK!

たとえば

  • 農家で取れすぎた果物を冷凍フルーツ
  • 焼肉店のこだわりの肉
  • 居酒屋の調理品・地酒も!
  • 病院食など毎日作らなくてもまとめて作って保存

ほんの一部ですがこんな使い方もできますし、最近では有名店とのタイアップ的な事もあるようです。

  • 中華街 萬珍樓
  • 京都 夢屋

「凍眠」家庭用はあるの?価格は?

基本は業務用がメインなのですが、家庭用もあります!

「凍眠マジック2000」です。

サイズは一人暮らしようの冷蔵庫サイズです。業務用の液体に直接漬けるといった方法ではないですが、液体パックで挟むといった方法で急速冷凍します。

ちなみに冷凍庫とは呼ばず、ストッカーと言うらしいですよ。霜取り機能がないからだそうです。自動霜降り機能が作動すると冷凍庫内の温度が上がってしまうため、それだけで鮮度に大きな影響を与えてしまうからです。

寸法:51.9(W)×122.5(H)×60(D)

年間電気代:およそ6200円

価格は公表してないですね。業務用の方も製品紹介はしていますが、カタログにも価格は書いていません。相当な金額なのは確かですが、業務用がメインのため、購入ではなくリース契約が多いからかもしれません。

実際、日本の一般家庭だと設置するスペースが確保できるかという問題もありますからね。

スッキリで紹介、急速冷凍機「凍眠」のまとめ

いかがだったでしょうか?コロナ禍で生活様式は変化していっている今後、よりニーズの高まっていく製品になると思います。家庭用としては予算やスペース等の問題で設置は現実的ではないですが、SDGzにも一役買っている製品であることは確かです。

今後の冷凍技術業界、そしてテクニカンの躍進に注目です!

-テレビ